メインイメージ

髪の悩みは遺伝してしまうって本当?

髪の毛の悩みは一族に遺伝をしてしまうのか?その真相は?

髪の悩みは遺伝してしまうって本当? イメージ

薄毛や白髪など、髪の悩みは一生付きまとうものです。

自分が苦労したものが、子供に遺伝してしまったらどうしようと心配される方もいっらっしゃるのではないでしょうか。

子供が生まれた時にくせ毛だったら、どちらかの遺伝かなと考えるのが自然ですよね。薄毛や白髪といった悩みも、ある程度遺伝してしまうというのが定説となっています。

かと言って、諦める必要はありません。髪に関する研究も進んでいますし、いつか髪の悩みが無い世の中になるといいですよね。

髪の悩みは遺伝する?

髪の悩みは遺伝してしまうって本当かどうか、多少はあったとしても、毛髪の悩みの要因はもっと別にあります。

親が薄いから子供も薄くなるというよりも、同じ家で暮らして同じような生活を送っていること、これが大きい理由になります。

毛髪のことを親から譲り受けたものというのは、今の時代からしたらいいわけであり、親と同じような抜け毛が増える食生活と、乱れたライス生活を送った結果が、家族揃っての抜け毛の多いファミリーをつくりあげています。

人間の毛髪は年齢を重ねることで、次第に薄くなってツルツルになる、女性では全体的にボリュームが減ると言われますが、ライフスタイルの乱れが大きい理由です。

女性の場合はホルモンの関係もあるため、女の一生のうちでは3回ほどの抜け毛の増量するシーズンを迎えます。最初は初潮を迎えた時期、次は妊娠と出産の時期、ラストは閉経の時期であり、この時期のホルモンは乱れるため、そのあとでホルモンが整うことで、毛髪はまた戻ります。

髪の毛は男女ともに抜けやすいと言われる時代、親が禿げていて一緒に暮らす家族も薄くなってきた場合、親から受け継いだ同じライススタイルを、心を鬼にしてリセットしなければなりません。

抜け毛の多さは今では、もはや年齢等は一切関係なくなっています。日本では20代最初までは若いとされていますが、20代でもハゲはますし、10代の人でも抜け毛に悩む人は多くなっていて、世代を超えて抜け毛と薄毛に悩み続けています。

抜け毛の多い家庭の食生活は大きく乱れており、ライフスタイルも健康的ではありません。夜ふかしが大好きで、いつまでもテレビやネットを見ては、時計の針が深夜を回ります。

夜中に髪の毛は成長をするもの、回復をするのに、いつまでも起きていて寝不足が続けば、髪の毛は回復をする暇はなく、成長をすることもままならないです。

成長ホルモンの分泌も悪くなって、髪の毛以外の修繕もできないままでは、髪の毛の健康は後回しにされます。食事はまさに毛髪を失う決定版、グル手の含む食材を好んで食べれば、確実に毛髪は薄くなります。

砂糖に小麦粉、食品添加物の多い加工食品、コンビニ弁当にコンビニのホットスナック、チョコレートにお菓子、菓子パンに甘いジュース、好きで毎日食べていれば、髪の毛に必要内容が入ってこないです。

消化や解毒のためにビタミンなどの栄養は消化されるために、髪の毛は栄養不足でやせ細り抜けやすくなります。