メインイメージ

話題のAGA治療とは?

今、話題になっているAGA治療とはどんな治療を行うの?

話題のAGA治療とは? イメージ

AGA治療にはAGA治療薬の服用にて発毛をさせて行く方法が一番効果的となります。

頭皮に直接注射や、皮膚移植などのように体に傷をつけてまで治療をするのではなく、薬の服用だけで治して行くので、手軽に治療を進めて行く事が出来て、頭に髪の毛が戻ってくるようになります。

薄毛状態の時に始めると特に効果的になり、完全復活になれるのです。

AGA治療方法は、医師と患者の相談の上で行う事が出来ますので希望を数ある治療方法からAGA治療を行う事ができます。

話題のAGA治療薬

AGAは20代から30代の比較的若い男性に多い脱毛症で、薄毛の症状を放置しておくと、薄い部分は徐々に広がるなどの進行性を持ちます。

遺伝子の影響を受ける事で脱毛症が生じるのがAGAの特徴です。5α-還元酵素がテストステロンと結び付くと、テストステロンは脱毛を促す強制脱毛ホルモンに変換されてしまいます。

これは遺伝子による影響であり、強制脱毛ホルモンは毛周期を狂わせてしまうため、紙の毛が生えて来てもすぐに抜けてしまう、やがて髪の毛は生えなくなるため進行性を持っているのです。

AGA治療ではプロペシアなどのAGA治療薬を使って体内酵素でもある5α-還元酵素を阻害し、テストステロンが強制脱毛ホルモンに変換されないように治療を進めて行きます。

プロペシアは5α-還元酵素阻害薬として開発が行われたフィナステリドが主成分の医薬品で、元々は前立腺肥大症の治療薬として患者さんに投与されている医薬品でした。

AGAのメカニズムの中に、5α-還元酵素が要因している事が研究結果の中で判明したため、フィナステリドを主成分としたプロペシアがAGA治療薬として登場したと言われています。

プロペシアは5α-還元酵素を阻害するため、毛周期が正常になり髪の毛が生えなかった部分からは新たな毛髪が生えて来るようになります。

しかし、発毛効果は高くても育毛効果としては弱いため、AGA治療ではミノキシジルと呼ばれている育毛剤を併用し、AGA治療を進めて行くのが特徴です。

ミノキシジルは血管を拡張させる作用を持つ医薬品で、血流を高める効果があるため、毛母細胞組織に栄養を運びやすくしてくれます。

元々、ミノキシジルは血圧が高い人の処方に使われていた医薬品が主成分であり、血圧が低い人が使用した場合は副作用が生じる危険性もあるなどと言われています。

しかしながら、ミノキシジルはAGA以外の薄毛にも効果がある事からも、色々な育毛剤にミノキシジルの有効成分が含まれています。

今まで色々な育毛剤を使ってみたけれど、育毛効果がなかった人が、ミノキシジルを使い始めたところ髪の毛が太く長く伸びるようになるなどの症例もあります。

最近は、HARG療法と呼ばれている成長因子や発毛および育毛効果を持つ各種ビタミンが配合されたHARGカクテルを薄くなった頭皮に直接注入する方法も注目を集めています。

プロペシアの場合は男性の薄毛の中でもAGAにしか効果がありませんが、HARG療法は女性の薄毛にも効果があるなどの理由からも注目が集まっています。