メインイメージ

抜け毛、薄毛の原因は何?

髪の毛の薄毛や抜け毛の原因は一体どこにあるのでしょうか?

抜け毛、薄毛の原因は何? イメージ

抜け毛・薄毛の原因として非常に多いのが、間違った頭皮ケアなのです。例えば、1日に何度も洗髪をしていると皮脂が減少して、逆に抜け毛を招いてしまうことがあります。

抜け毛・薄毛にアプローチするAGA治療薬はこちらから購入していただけます。

洗髪回数が数日に1回というのも問題があり、オイリーから薄毛になることがあります。

洗髪以外では寝不足、ストレス、食生活などが薄毛の原因となりやすいため、意識して改善していきましょう。

抜け毛が増えてきたら頭皮状態に問題があるので、早めに正常肌に戻してあげる必要があります。

AGA治療の格安通販はこちらから購入できます。

AGAの原因は?

抜け毛や薄毛には、様々な原因があります。一般的に良く言われるのは、遺伝です。父親や祖父がハゲていると、その子どもや孫も将来髪の毛が薄くなると言われています。

代々髪の毛が薄い家系に生まれた男性なら、不安になったことが一度や二度はあるでしょう。薄毛が遺伝してしまう理由は、男性ホルモンのジヒドロテストステロンが髪の毛の成長を阻害するからです。

男性ホルモンは子どもや孫に伝わりますから、遺伝が原因になると言われています。ホルモンバランスが関係するのは、男性だけではありません。女性の髪の毛が薄くなるのは、女性ホルモンの減少に理由があるとされています。

男性にも女性にも有効なAGA治療薬はこちら

産後や更年期には女性ホルモンが減少しやすくなるので、出産直後や高齢になると抜け毛が増えてしまいます。薄毛の原因はホルモンバランスだけでなく、生活習慣にもあります。特に生活習慣で気をつけたいのは、食生活と睡眠です。現在の日本人は、昔に比べて食事が欧米化しています。

以前は魚や野菜を中心とした和食が基本でしたが、戦後は食の欧米化が進んでいき、肉類や揚げ物が中心になっています。肉類や揚げ物中心の食生活だと、脂肪を過剰に摂取することになりかねません。

過剰に脂肪を摂取すると、頭皮の皮脂に脂肪が詰まってしまい、髪の毛の成長に悪影響が出ます。また、脂肪が増えると血管も詰まってしまい、頭皮まで必要な栄養分が届かなくなります。

つまり、脂肪分の多い食生活をしていると、頭皮の環境が悪くなって髪の毛が生えてこなくなるわけです。肉類や揚げ物だけなく、ファストフードやコンビニ弁当、甘いスイーツなども頭皮には悪いので、昔に比べて現代人には薄毛が多くなっています。

人間の髪の毛は、紫外線やホコリ、チリなどで傷みが生じます。傷みが発生した髪の毛は、睡眠中に発生する成長ホルモンで回復することが可能です。

しかし、睡眠時間が不規則だったり短かったりすると、髪の毛はダメージを回復することができません。その結果、抜け毛が増えてしまうわけです。成長ホルモンは夜の10時から深夜2時に多く分泌されるので、この時間に眠る生活習慣に変えると、髪の毛のダメージはしっかりと回復できるでしょう。

他にも抜け毛が増え髪の毛が薄くなるのは、ストレスや喫煙、飲酒、カラーリング、過剰なダイエットなど様々な原因があります。また、抜け毛や薄毛の原因は一つだけでなく、それぞれが複合的に絡み合って発生することもあります。